DITS実験要項(7月10日ゴール)

   印刷用pdfは、こちらから、ダウンロードできます。

DITSミニ実験実施要領
2015年7月8日改版
東海大学 To-Collabo安心安全プロジェクト
ICTを活用した災害ボランティア情報収集交換に関する研究会

今回の実験は、「東海大学 To-Collabo安心安全プロジェクト」と、「ICTを活用した災害ボランティア情報収集交換に関する研究会」が、協働で実施するDITSミニ実験に参加される方を対象に、実験に際しての準備や実施内容、注意事項等について記載しています。

1.実験趣旨
東日本大震災では、速報性の高い情報の受発信が行われるという特徴を有するTwitterが多数の被災者に利用された実績があり、災害発生時にTwitterを利活用する試みも既に多くの事例が知られている。反面、Twitterの情報は膨大であり、整理しやすい形で発信、受信するには困難があることが判ってきました。それを回避するために「東海大学 To-Collabo安心安全プロジェクト」が開発したのが、webアプリDisaster Information Tweeting System(DITS)です。
今回の実験では、開発途上にあるDITSの使い勝手やアクセス集中時の挙動を調査し、DITSの機能向上のための資料を収集することが目的です。
今後大規模実験をやるための準備です。ツイッターを使い慣れている方も、殆ど使って居ない方も、どうぞご協力の程お願い致します。

2.実施内容
この実験では、参加者は2015年7月10日[金]10:00~16:00に、携帯、スマートフォン、タブレット、パソコンなどからDITSを使って現在地周辺の状況を投稿し、また、災害マップから他の参加者の投稿を閲覧します。
実験参加に当たっては、ツイッターのアカウントを取得していることが必要です。アカウント取得後、2、3日はつぶやきが上手く収集できません。実験参加の数日前には、実験に使用するアカウントを作成してください。
また、実験に必要なデータを取得するために、あらかじめ下記のサイトから、参加登録を行ってください。
登録フォーム
QRcode

3. 実験事務局アカウントのフォロー
実験時の連絡は、実験事務局用アカウント(ictkanagawa)からのダイレクトメッセージで行います。各参加者の方には、実験事務局アカウントのツイートがタイムライン表示されるよう、また、ダイレクトメッセージ(DM)が受信できるように、「@ictkanagawa」をフォローしてください。

実験事務局アカウント
https://twitter.com/ictkanagawa
qrコードictkanagawa

4.災害報告ツール(DITS)の使い方
実験カード両面横並べ0708
今回の実験では、DITSを使用します。
使用方法は以下の通りです。 事前に使い方を確認してください。つぶやいていただくことは歓迎です。
あらかじめ、スマホのGPS(位置情報)取得を許可してから操作してください
位置情報が確定しないと発信ができません。室内、場所によっては、位置情報の確定に時間を要する場合があります。その場合には再度やり直しとなります。

Disaster Information Tweeting Systemにアクセスする
http://saigai.main.jp/
dts

次へを押す
Image1

ツイッターのIDパスワードを入力し、ログインする
Screenshot_2015-05-27-22-11-03

連携が完了するまで待つ
Screenshot_2015-05-27-22-11-16

救援が必要かどうか、写真を添付するかどうかを選択し、[次へ]を押す
写真サイズが大きすぎると上手く読み込めません。
Image2

災害状況を入力する。誤解の無いよう適宜「テスト」の文字も入力する
Image3

[写真を選択]を押す
shasinn

すでに撮影した写真、またはカメラを起動して写真を撮影する

[投稿]を押す
toukou

投稿が完了すると、下記の画面が表示されます。
Twitter.comを選択すると、ツイッター画面で自分の送ったツイートを確認できます。
seikou

5.ツイートをマップで確認する
下記でDITSを使用してつぶやいたツイートを確認できます。

下記の地図でもツイートを確認できます。(DITS画面の下の地図では、現在位置付近しか表示されません。)
saigaimap  http://saigai.main.jp/Mapping/

saigaiMAP

6.実験当日の流れ
今回の実験目的のひとつは、DITSを通じて行ったツイッター投稿を収集・分析することです。
収集後のツイートは、DITSツールの機能改善に使用すると共に、ツイートを整理して解析方法を開発するための材料とします。

1)実施期間:今から2015年7月10日(金16時の任意の時間
2015年7月10日(金)10時~16時をメインの実験期間とします。メインの実験期間には、「@ictkanagawa(ictkanagawaへのリプライコマンド)」が自動付与されます

2)練習時の投稿内容:7月10日までの間、DITSを利用して何度でも投稿
★実験ツイートには、できるだけ周辺状況の写真を添付して投稿してください。

※練習を通じて、実験要領等にご不明な点、またツールの挙動で気になる点がありましたら、Facebookグループ「災害ツイートシステム検証実験(7月10日)参加者用」(https://www.facebook.com/groups/1677853312443526/)へ投稿してください。

または(https://twitter.com/ictkanagawa)へのDM宛へお願いします。

当日は10時から16時まで、かながわ県民センター11階コラボスタジオで実験の経過を見ながら、ツイートのご相談に乗る本部を開設します。ツイッターに不安のある方など、ぜひご参加ください。

7.注意事項
投稿練習や実験ツイートの投稿等において、以下の点にご配慮いただけますようお願いいたします。
1)携帯端末を操作する際には、交通安全や他者の迷惑にならないようご注意ください。
2)添付する写真等は、他者のプライバシー侵害や迷惑にならないようご配慮ください。
3)自宅など現在位置が公開された場合に不都合が想定される場所での投稿は行わないようご注意ください。
4)ガラケーはDITSの操作対象外です。利用できません。
5)facebookアプリ等のURLリンクから、DITSを起動すると、画像添付ができないことがあります。
6)以降の活用のため、saigai.main.jpのブックマーク登録をお願いします。
7)Disaster Information Tweeting Systemは常時可能な状態にありますので、実験期間前後でも自由に操作してみてください。

8.アンケート
お問合せ先実験実施後に、実験ツイートの投稿や閲覧について簡単なアンケートを実施させていただきます。アンケートに関するお知らせは、登録アドレスへ連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です