防災の日キャンペーン

9月1日は、防災の日です。神奈川県が設置した「ICTを活用した災害ボランティア情報収集交換に関する研究会」では、防災の日の前後約2週間、東海大学To-Collabo安心安全プロジェクトと協力し、災害時に役に立つ情報共有を体験するイベントを開催します。
災害発災時に被害を最小限に食い止めるには、早く正しい情報の収集と伝達が重要です。
ツイッターでの発信は、利用者が多く、繋がりやすいので災害時の情報共有に向いており、近年自治体の災害情報伝達にも良く使われています。
今回のイベントでは、東海大学の内田理教授のグループが開発したツイッター連携のwebアプリDITSを使います。DITSは、今いる場所の住所*1と、情報を分類整理できるハッシュタグ*2を、ツイートに自動的に添付します。
DITSで発信した情報は、マップで確認することもできます。
ぜひイベントに参加して、DITSでの発信と情報共有を体験してください。
*1 住所
住所の表示には、使用するスマートフォンやタブレットのGPS機能で取得した位置情報を利用します。位置情報からUTMポイントも付与します。(屋内などでは位置情報がうまく取得できず、不正確な住所を示す場合もあります。)
*2ハッシュタグ
#記号+文字列で構成されるタグのことを Twitter上ではハッシュタグと呼びます。 発言内に「#○○」と入れて投稿すると、その記号つきの発言を検索することで、情報が閲覧しやすくなります。 ハッシュタグの前後にはスペースが必要です。

【防災の日キャンペーン】イベント概要

【期間】 平成28年8月27日(土)~平成28年9月11日(日)
【概要】 期間中通勤通学の途上や、防災訓練の会場など、自宅以外の場所からDITSを使って自由に情報を発信してください。
【対象】 スマホ、タブレットをお持ちの方
【発信して欲しい内容】 位置(住所や目印)とできれば写真を添付して、防災の日に関連する情報を発信してください。
   発信例
    ・災害時に心配な場所と理由 
    ・防災訓練、避難訓練、シェイクアウト訓練などの参加報告 例1 例2
    ・災害情報の共有 例1 例2
    ・防災の日に呼びかけたいこと 例1
    ・その他なんでも 例1 例2 例3

【注意事項】
ツイートをする場合は、周囲の安全確認と併せて、他者の迷惑にならないよう十分注意してください。
写真撮影やツイート文作成にあたっては個人情報の取扱には十分注意してください。
自宅など、現在位置を知られたくない場所では発信しないでください。

詳細は http://ictkanagawa.jimdo.com/bosai-campaign/ 参照